ブリアン歯磨き粉の効果と口コミ 子供の虫歯を防ぐなら安心無添加

ブリアン歯磨き粉は歯科医師が開発!

口内環境を整えて虫歯菌をなくすブリアン歯磨き粉を開発したのは、歯科医師です。

 

子供用歯磨き粉【ブリアン】とは

 

その歯科医師の方は、斉藤欽也先生なんですが、今から20年以上も前から、虫歯予防の先進国スェーデン、アメリカで、勉強された方です。

 

日本は最近ようやく、虫歯予防に関して、認知されるようになってきました。

 

それまでは、虫歯になったら歯医者で歯を削り、また虫歯になっての繰り返しです。
歯磨きしか予防手段はなく、対策、知識も歯磨きを一生懸命にすることでした。
オールインワンジェル,乾燥肌,敏感肌,ヨガ,持ち物

 

 

ブリアン歯磨き粉のBLIS M18を初めて使った理由

オールインワンジェル,乾燥肌,敏感肌,ヨガ,持ち物

斉藤先生がBLIS M18の善玉菌を使おうと思ったのは、腸内環境の改善事例からだそうです。

 

最近は健康のため、腸内環境を改善することが大切だと言われています。
そのために、腸内に生きた乳酸菌を届けるということから、口内環境の改善にも、善玉菌が有効で、BLIS M18を使おうとしたきっかけだったそうです。
オールインワンジェル,乾燥肌,敏感肌,ヨガ,持ち物

 

最近の虫歯予防の知識

以前は、虫歯予防に関して、日本ではあまり認知されていませんでした。
虫歯菌が感染するもので、親から子への感染が一番の原因です。

 

私たち親が子供のころ、よく母親がごはんをあげるために、自分の使った箸であげていました。
おもちを子供に食べさせるのに、母親が自分の口で切って、それを子供に食べさせていました。

 

今、考えるとゾッとしますよね。

 

現在では、虫歯菌の予防も認知されるようになりましたが、歯みがき粉に関してはまだまだのようです。

 

現在の歯磨き粉の成分は危険?

市販の歯磨きには、ほとんどのものに界面活性剤、発泡剤、殺菌剤がはいっています。
歯周ポケットに研磨剤などの化学的なものが、歯磨きの後に残ってしまうこともよくあります。

 

虫歯予防のために、使っている歯磨き粉が本当はあまりよくないんです。

 

アメリカでは虫歯予防のために水道水にフッ素を入れています。
しかし、現在では口内環境を改善することが、虫歯予防につながるということで、フッ素、口内殺菌よりも、環境を整えるということに着目しています。

 

口内には虫歯菌の他にも、善玉菌はいます。
殺菌剤などは、そんな口内の菌を一時的になくしているだけで、結局虫歯菌が多くなってしまう環境なんです。

 

ですから、しっかり歯磨きしてるのに、糖分の多いものはひかえてるのに、虫歯になってしまうんです。

 

 

これからの虫歯予防にブリアン歯磨き粉

ブリアン歯みがき粉にはいっている成分の『BLIS M18』は今までタブレットしかありませんでした。
タブレットでは口内環境を改善することは難しいですよね。

 

そこで、歯磨き粉として直接口内にいれ、できるだけ長くとどめておくことで、虫歯菌の除去、口内環境の改善をしようということです。

 

ですから、殺菌剤などの化学的な成分をいれてしまうと、虫歯菌を除去するための『BLIS M18』が死滅してしまいます。
とうぜんそういった良くない成分はなく、口内環境を改善するためにつくられているので、安心してしようできます。

 

ブリアン,BLIS,歯磨き粉,虫歯菌,予防
ブリアン歯磨き粉の開発は本当すごいですよね。
世界で初めてですし。
歯科医師の斉藤先生に感謝です。
子供が歯を自分から磨くようになってくれただけでもありがたいです。

 

子供のためを思ったら、私たちのように気が付いたら虫歯になっていて、いやな歯医者に時間もお金もかけさせたくないですよね。
虫歯予防は、子供が生まれた時から考えていくべきものだと思います。

 

 

ブリアン歯磨き粉,虫歯菌,歯科医師,子供,無添加

 


TOPページ ブリアン歯磨き粉とは ブリアンを購入【公式サイト】 49%オフ割引キャンペーン