ブリアン歯磨き粉の効果と口コミ 子供の虫歯を防ぐなら安心無添加

ブリアン歯磨き粉は何歳から? いつから使ってもいいの?

ブリアン,口コミ,歯磨き粉,大人,評判
ブリアン歯磨き粉って、良いって聞くけど、何歳から使っても大丈夫なんでしょうか?

 

毎日使う、子供のために作られた、ブリアン歯磨き粉とは言え、歯が少ししか生えてきていない、幼児には使っても大丈夫なのか、ちょっと心配ですよね。

 

ブリアン,歯磨き粉,何歳,いつから,効果

 

 

ブリアン歯磨き粉はいつから使っても大丈夫

ブリアン,口コミ,歯磨き粉,大人,評判

ブリアン歯磨き粉は、歯の生えかかった子に使っても問題ありません。

 

子供に歯が生えてくるのは、生後6か月くらいからですが、最初は前歯がでてきますよね。
生えてきたばかりの歯に、いきなり歯ブラシでゴシゴシなんかしませんよね。

 

みんなそうだと思うんですけど、ガーゼ、布で歯を拭いてあげますよね。
そのガーゼに、ブリアンをつけて、拭いてあげることができます。

 

何歳からというよりも、歯が生え始めてきた子でも使うことができます。
それはブリアン歯磨き粉が無添加で安全だからなんです。

 

ブリアン歯磨き粉は無添加で、市販の歯磨き粉に使われている、殺菌剤、防腐剤、発泡剤などが使われていない安心な歯磨き粉だからです。

 

 

ブリアン歯磨き粉が歯の生えかけた幼児でも使える理由

虫歯菌を除去するブリアン歯磨き粉を、はやいうちから使ったら、虫歯になる確率もぐっとさがるんじゃないでしょうか。

 

歯が生えかけてきた子でも、ブリアン歯磨き粉はつかえますが、根拠は大丈夫なんでしょうか?

 

ブリアン歯磨き粉には人間に良くない成分がはいっていない

市販のこども用歯磨き粉の成分を1度見てみて下さい

  • PG
  • サッカリンNa
  • ラウリル硫酸Na
  • 酸化Ti

 

ブリアン,口コミ,歯磨き粉,大人,評判

 

一般的な歯磨き粉の成分を少し調べてみました。

 

湿潤剤:PG(プロピレングリコール)

発がん性、アレルギー、環境ホルモンに影響があり、薄ければよいとされていますが、原液は猛毒です。
皮膚の炎症、肝臓、脳への障害、中枢神経への障害、染色体異常など、かなりよくない成分です。

 

人工甘味料:サッカリンNa(ナトリウム)

発がん性があると一度は世界で使用禁止になったけど、再認可された物質。
偶然、コールタールから発見された成分。

 

発泡剤:ラウリル硫酸Na(ナトリウム)

皮膚の炎症を起こす可能性がある。

 

安定剤:酸化Ti(チタン)

発がん性、アルツハイマー、不妊に影響があり、毒性です。

 

子供用歯磨き粉の成分

子供用の歯磨き粉でも、化学物質満載です。
フッ素も歯に良いとされていますが、とりすぎると骨、脳、甲状腺への疾患リスクが高まるとされています。
アメリカでは、水道水にフッ素が添加されていましたが、フッ素の摂取上限をさげるようになりました。

 

ブリアン歯磨き粉には、こうのような悪いとされている、化学成分がはいっていません。
ですから、小さな子供でも安心して使うことができるんです。

 

 

 

無添加の安全なブリアン歯磨き粉

ブリアン歯磨き粉は、本当に子供のため作られたため無添加です。
やっぱり毎日使うものですから、安心して使いたいですよね。

 

ブリアン,口コミ,歯磨き粉,大人,評判

 

ブリアン歯磨き粉なら、歯の生え始めた6か月ころからでも使うことができ、虫歯菌の除去で安心です。
使うときはガーゼなどに、ブリアン歯磨き粉の粉をつけてふき取ってあげます。

 

うがいも必要ないくらい安全ですので、心配が少なくなってうれしいですね。

 

ブリアン歯磨き粉,子供,虫歯,無添加,効果

 

 

ブリアン歯磨き粉はなぜ粉状なの? ペーストではない理由

 


TOPページ ブリアン歯磨き粉とは ブリアンを購入【公式サイト】 49%オフ割引キャンペーン