感染症と認識されてきた虫歯菌をブリアン歯磨き粉で除去する

感染症と認識されてきた虫歯菌をブリアン歯磨き粉で除去する

近年、日本では子供の虫歯が減少しています。
これは虫歯に対する学校などの指導が身を結んでいます。

 

それでも、虫歯は完全になくなることもなく、虫歯で悩んでいる方はたくさんいます。
小さい子が虫歯になってしまうほど大変なことはありませんよね。

 

歯医者は嫌がるし、痛いと泣きだすし、お互いにかなり労力を使いますよね。

 

虫歯にならないように、食べ物や飲み物、歯磨き、検診など、どれだけ気を付けていても、虫歯になってしまうものです。
なぜでしょうか?

 

そんな疑問を解決してくれる、虫歯対策に【ブリアン】歯磨き粉が効くんです。
ブリアン,口コミ,歯磨き粉,大人,評判

 

 

虫歯菌(ミュータンス菌)は感染する

ブリアン,口コミ,歯磨き粉,大人,評判

虫歯菌(ミュータンス菌)は、先天性(生まれて持っている)はありません。
後天性で、生まれた後に虫歯菌が口内にはいってしまうものです。

 

虫歯菌が口内にはいって、感染することで虫歯になり、口の中に菌が残ってしまうことになります。
じゃあどこから感染するんでしょうか。

 

 

 

虫歯菌はお菓子の甘味料からできる?

子供が生まれて、歯が生えてミルクから離乳食に代わって、色んなものが食べれるようになってきます。
お菓子やジュースも食べます。

 

でも、砂糖などの甘味料から虫歯菌ができるんじゃないんです。

 

虫歯菌は外部から入ってくるんです。

 

虫歯菌の感染ルート

虫歯の主な原因となっている、虫歯菌(ミュータンス菌)の感染を防ぐことが大切です。
でも、虫歯菌の感染ルートはどこなんでしょうか?

 

それは、両親からの感染が主なんです

 

 

ブリアン,口コミ,歯磨き粉,大人,評判

 

子供がごはんを食べるときに、親が口に入れたスプーンや箸を使ったとき、だえきから感染してしまいます
一度入ってしまうと、そのまま子供の口内に残って、繁殖し虫歯になってしまいます。

 

日本では、この両親からの感染ルートの関係がまだ広がっていないので、なかなか虫歯が減っていかないんです。

 

 

なぜ虫歯の治療、歯磨きを徹底しているのに虫歯になってしまうの?

子供には朝晩の歯磨きをしっかりさせてるし、甘いものも制限させて、フッ素もやってる。
でも、虫歯になってしまったことはありませんか?

 

これはさきほど説明した、虫歯菌の感染が主な原因が多いです。

 

特に母親の虫歯菌が多いと、子供の虫歯菌も多くなってしまいます。
虫歯菌多いと虫歯になる確率もそれだけ上がってしまいますよね。

 

 

虫歯菌の対策は

生活習慣の改善はだいぶできてると思います。
朝晩の歯磨きや食事のとり方など、考えてあげていると思います。

 

大切なのは感染させないことです。
歯医者での口内クリーニングや、キシリトールを定期的にとるのも効果があります。

 

予防に関しては、虫歯菌の除去ができる歯磨き粉も有効です。
ただし、市販されている一般的な歯磨き粉は、虫歯菌(ミュータンス菌)の除去は難しいです。

 

虫歯菌を死滅させるには、120度の熱湯で10分必要と言われているぐらい、残ってしまうものです。

 

でも、虫歯菌を除去できる成分の入った歯磨き粉があります。
それが【ブリアン】歯磨き粉なんです。

 

その除去成分が『BLIS M18』の善玉菌なんです。
この善玉菌がミュータンス菌を除去してくれます。

 

さらにブリアンでは、殺菌剤が使われていないので、すでに口内にある善玉菌を殺してしまうことはありません。

 

子供のために使ってあげたい歯磨き粉ですね。

 

 

⇒ミュータンス菌を除去する【ブリアン】とは


TOPページ ブリアン歯磨き粉とは ブリアンを購入【公式サイト】 49%オフ割引キャンペーン